ものづくりの現場から -Episode1-

ZPIの製品にはそれぞれストーリーがある。

このコラム「ものづくりの現場から」では、普段皆さんの目に触れることがない製品が生まれるストーリーの一部を少しでも伝えられたらと思い、スタートすることにした。

ZPIのパーツと言えば何を思い浮かべるだろうか?

人それぞれ違うだろうが、中にはカラーパーツ系を思い描く方も居るのでは無いだろうか?

初回のEpisode1では、カラーパーツの製造現場からお届けしようと思う。

ZPIの製品は確かに量産品ではあるのだが、その裏側は実は一つ一つ職人が手をかけて仕上げるまさに「ものづくりの現場」から生み出されている。

金属加工を行っている工場に行かれた事がある方はご存知かもしれないが、加工室や工場に入った瞬間に感じる独特のニオイがある。

このニオイを嗅ぐと「ものづくりの現場」にやって来たな。

そう感じさせてくれるから、今日はどんな加工をしているんだろう?どんな機械が動いているのだろう?そんな思いが巡り、ワクワクしてしまうのである。

今回訪問した協力工場も例に漏れずそのニオイが立ち込めており、ワクワクして様々な機械が削り出す美しい作品を想像しながら工場の中へと足を進めた。

金属加工というのは実は非常に奥が深いものである。

当然加工を行う金属の性質を知らないと作りたい形や寸法を狙って出すなんて事は不可能に近い。

例えデータでキッチリと作りたい形状を作ったとしても、実際削りあがったものを見ると実は狙っていた数値と違っていたりして、データ通りに削る為にはコツみたいなものが存在するのである。そのコツというのも、機械が変わればまた変わる訳で、長年加工一筋でやり続けて来た職人さんが長年使い続けている機械だから出来る技というのも実際に存在するのだ。

ZPIのパーツ類は、アルミやジュラルミン、超超ジュラルミンと言われる素材を使用して作られており、それぞれに特徴を持った材料である。

そんな材料達は、精度の高い加工を行う為にある程度のサイズにカットされ、釜に入れて焼入れ作業をされた後、削りの工程にやっと進む事ができる。

焼入れを行うのには理由があって、焼入れをしていないと精密に加工を行った際に明らかに差が出る訳で、精巧に削り出されたとしても仕上がったものは歪みが出てしまう。

この様にパーツ一つをとっても、非常に多くの工程があり、多くの人の手がかかっており、皆さんの手元に届くまでには凄く多くの手間や時間がかかっている。

皆さんの手元にあるアルマイトを施したパーツは勿論綺麗だが、実は加工中であったり、削りあがったばかりの素のパーツ達はアルマイトという化粧をした姿に負けず劣らず美しいのである。

そんな製品の素の一面が垣間見れる過程を今後も定期的に伝えていこうと思っている。

次はどの製造現場からとなるのか…

楽しみにしていてほしい。