ものづくりの現場から-Episode3-

ZPIを代表するアイテムの一つに、陸っぱり専用リールのZ-PRIDEがある。

その見た目からもわかる通り、非常に多くのパーツでZ-PRIDEは作り上げられている。その多くが、Z-PRIDEの為に専用設計された物であり、まさにZPIの技術の粋を集めた製品であると言っても過言では無い。そんなZ-PRIDEの中でも、今回は、中々注目をされる事のない「カバーリング」と言う部品にフォーカスしてみようと思う。

カバーリングと言う名称にピンとこない人がほとんどではないだろうか。

カバーリングとは、上記写真のMICRO MODULEと書かれた黒い樹脂パーツとGoldのドラグの間にある、シルバーの部品の事を指している。目立った花形の部品では無いものの、これがあるのと無いのではイメージが全くと言って良いほど異なってくるので、Z-PRIDEには無くてはならない部品の一つなのである。

このカバーリングだが、一見何でも無いような部品のようにも見えるが、実は非常に繊細な部品であり、そこには熟練した非常に腕の良い職人の技術が詰め込まれている。

それは、削り出した時に出る金属の切粉の美しさを見ていただければわかるのではないだろうか。

 

私が今回の撮影に際し工場に足を踏み入れた時、熱気とオイルの匂いが、久々に製造現場にやってきた事を実感させてくれた。入ってすぐに、汗をかきながら機械を操作している職人が目に入った。社長でもある彼は私が入ってきた事に気づくと、タオルで汗を拭きながら笑顔でこちらに歩いてきてくれた。私は、今回初めてお会いしたのだけれど、その静かな佇まいから滲み出ている腕の良い熟練職人のオーラを感じずにはいられなかった。腕一本でここまでやってきたという自信と実績が、自然とそのオーラになっているのだと感じた。決して口数が多いわけでは無いのだけれど、その発する言葉一つ一つには説得力があり、自然と会話にひき込まれていってしまう。一通り話を聞かせていただいた後、カバーリングを実際削る様子を撮影させていただいた。

カバーリングを切削する機械には、カバーリング用に作られた治具が取り付けられており、削ったものが落下しないように工夫されている。通常であれば、オイルが飛び散って写真なんて撮る事が出来ないのだが、今回に限って私が写真を撮影する為に、オイルを出さずに写真撮影の為だけに機械を動かしてくれると言う心遣いは、社長の行うモノづくりは細かな所まで気持ちが行きとどいている事を容易に想像させてくれるものであった。

一つ、また一つと削り上がるカバーリングは、とても美しく輝いていた。

このようにして、職人の手によって生み出されたカバーリングが、アルマイトという処理を経てZ-PRIDEに取り付けられるのである。

ほんの小さな部品ではあるが、そこには目に見えないストーリーが存在するのである。