伊藤雄大が語る 『ALCANCE V610M』

アングラーズボイス

— ALCANCE V610Mについて —

V610MとV72MH。
バーサタイルシリーズのこの二本はロケも含め、オカッパリに行く際は絶対に外せません。

バスのアベレージサイズやカバーの濃さでラインの太さを決めますが、10~12ポンドはV610M、14~16ポンドを使う場合はV72MHで使い分けています。

ワーム、プラグ問わず万能に使えるので便利ですね。
器用貧乏という感じが全くないのも良いところで、どんなルアーでもかなり高いレベルで使いこなせる優等生です。

ボートでも、他のロッドにメインで使いたいルアーを結びっぱなしにしておいて、色々試したいことはV610Mで一通りやるみたいな使い方もできるので頼りになります。

ティップのしなやかさによってノリが良いので、シャロー~ミディアムクランクとの相性も良く、なんだかんだで一年中出番の多いロッドです。

ロッドの情報はコチラ»